高校面接の質問とポイント

2007年03月03日

高校面接の質問とポイント 塾の指導

高校面接の事例や具体的に紹介して来ましたので、塾の面接指導の一部を紹介したいと思います。
これを参考にして、今まで紹介してきた高校面接の質問などについて、もし自分ならどう答えるかという事を考えておきましょう。
そうする事により高校面接での気持ちの余裕に違いが出てくるのではないでしょうか。

■面接は最初の1分間で決まる
高校面接だけではなく、全ての面接に言われている事です。
さわやかスマイルで好印象を与える事は大切です。
視線はキョロキョロさせずに、下を向いたりせずに前に。

■自己PR・自分の長所短所については、事前に自分を振り返って、しっかりまとめておかないと、なかなか答えられる物ではないので、自己分析をして、準備しておく。
■中学校の校長先生の氏名・担任の先生の氏名は、事前に準備していないと名字は答えられても下の名前が答えられない事が多いので、必ず確認しておく事。

高校入試での面接は、学科試験とは別な意味でそれ以上に緊張します。
事前に質問に対する答えを考えておきましょう。
面接という物は一度や二度の練習で完璧な受け答えができるようになるものではありませんから、中学校などでの模擬面接は大切です。
しかし、最も大事なのは、質問にうまく答えようと作ったような答えや、焦りを抑えようとする事ではなく、自分を素直に表現することです。

高校面接の面接官は、は質問に対する答えもですが、それよりも受験生の態度・表情・動作などから、総合的に評価しようとしています。
面接官は今まで多くの受験生の面接を経験されています、真面目に対応すれば、それはそのまま面接担当者に伝わるものです。

中学校での記録は高校側に内申として伝わっています、適当な事や嘘やあまりに誇大な表現は悪い印象ばかりが残ることにもなりかねません。
面接官の質問が分からない場合は、「すみません、その事については、よくわかりません」と、正直に答えましょう。それが分からない質問に対しての最善の答えでもあります。 

充分対策と用意をした上で分からない事があった場合は、ありのままを面接官に伝える事がその場合の最善の答えであり正攻法で、決してマイナス点にはなりません。




jaku10 at 11:09 この記事をクリップ!

2007年02月25日

高校面接の質問とポイント

高校面接の質問と%、ポイントを、近畿地方での高校入試の面接試験のデータを基に掲載しています。
全国的に大きく変わる事はないと思いますので参考にしてください。

■1:質問 ■2:質問% ■3:ポイント

1:受験番号、中学校名・氏名 
2:99%(公・専・併)
3:高校面接では必ず質問されます。
質問通りにはっきりと答えましょう。

1:志望理由 
2:99%(公・専・併)
3:高校面接では必ず質問されます。
正直に答えるようにましょう。
この質問の場合、高校側は「勉強」がいちばん喜ぶ答えはです。
クラブや部活動が志望理由の場合も少しは勉強に関する事を入れましょう。

1:テストはできましたか? 
2:80%(専・併)
3:殆どの場合筆記試験の点数などはすでにすでに面接官の先生にはわかっていますので、正直に答えましょう。
質問の答えに対して、どの科目のどの問題が…、という具合に質問が続く場合がありますので、考えておきましょう。

1:難しかった科目は何ですか? 
2:80%(私専・併)
3:面接時には殆どの場合、筆記試験の点数は採点済みで、答案を見ながら聞いてきます。
答えることができるように面接まえに考えておいた方がいいでしょう。
どの科目の問題が難しかったですか?となど、具体的に聞かれることが多いようです。

1:入学したら何に頑張りたいですか? 
2:70%(公・専)
3:高校側が期待している答えは「勉強」です。
面接では、勉強を第一に部活やクラブ活動を第二に答えて、将来の目標などを答えるのが良いでしょう。


高校面接の質問に対するポイントのアドバイスなどは、中学校や塾などで指導などが必ずあります。
その指導に沿って、質問の答えなどを準備しておきましょう。

jaku10 at 11:48 この記事をクリップ!

高校受験勉強法LINK(人気ランキング)

  1. 35日で奇跡の逆転合格を果たす高校受験勉強法3ステップラーニング
  2. 大学入試にもつながる高校受験勉強法マニュアルDVD
  3. サクラサク高校受験勉強法
受験対策LINK
夏季講習の情報おススメLINK
■【夏季講習】栄光ゼミナールと学研の夏季講習を紹介されているサイト